軽自動車の豆知識

軽自動車の豆知識

軽自動車とは

軽自動車とは

軽自動車とは日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる車で、下記の項目をすべて満たしている事が条件となっています
・排気量:660cc以下
・車の長さ/3.4m以下 車の横幅/1.48m以下 車の高さ/2m以下
・乗車定員:4名以下

軽自動車は、日本の自動車がまだあまり普及していなかった時代に日本の道路事情に見合った車で、国民車として普及するように開発されました。

その結果、日本人男性の体格が世界的に見て小柄であった事もあり、日本国内の市場で受け入れられました。

昔は、普通車と免許が別に分かれており「軽限定免許」として費用負担が少ない事も普及の要因に挙げられる。

軽自動車の規格も過去3度のわたり大幅に拡大されてきたことが、現在でも軽自動車人気の一因と言えるでしょう。

【軽自動車の誕生】

1949年に「運輸省令第36号 車両規則 第3条第2項」が改定され、自動車の区分として軽自動車が誕生しました。

排気量は4サイクル車は300cc以下、2サイクル車は200cc以下
車の長さは2.8m以下、車の横幅は1m以下、車の高さは2m以下
その他(乗車定員や輪数)の区分は無く、排気量と車体寸法が合致していれば軽自動車と認められました。

【排気量360cc時代】

1954年10月に4サイクル・2サイクル車共に今まではばらばらだった排気量を360ccに統一。この頃に、自動車大手メーカーの本格参入が始まりました。

【排気量550cc時代】

1976年1月に排気量が550ccに拡大されたました。
車の長さは3.2m以下、車の横幅は1.4m以下、車の高さは2m以下(従来通り)まで車の大きさも拡大されました。

排気ガス規制などの影響を受けて、この頃から軽自動車にも三元触媒が一気に普及ししました。

【排気量660cc時代】

1998年10月に排気量が660ccに拡大されました。
車の長さは3.4m以下、車の横幅は1.48m以下、車の高さは2m以下(従来通り)まで車の大きさも拡大されたました。

軽自動車にも普通車と同じ安全衝突基準が採用。
2000年10月には高速道路での制限速度80km/hも撤廃し、普通車と同じ100km/hにりました。

その後、2012年12月に「ダイハツ ムーヴ」に軽自動車に初めて衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」が導入された事をきっかっけに、軽自動車に爆発的に普及しました。この頃から安全装置に加え、軽自動車の高品質化なども一段と進化しました。

カテゴリ

page top